テリー

リーダー詳細

テンションスキル

ターン終了時まで攻撃力+3/貫通を付与する

必殺技

ジゴスパーク (☆2)
MP:6
職業:戦士 種類:特技

必殺技
全ての敵ユニットに3ダメージ
対戦中に味方リーダーが攻撃した回数分ダメージ+1

必殺技
味方リーダーのテンションが3段階たまっている場合このカードを使うことができる テンションをすべて消費する

入手方法:スタンダードパック

そのゲーム中に攻撃した回数だけ威力が上がる必殺技。この必殺技を使う場合は装備品で2回位は攻撃をしておきたい。後攻であればテンションスキルによる攻撃も1度はしておこう。期待値としては4~6ダメージといったところである。

相手がコントロール系のデッキの場合腐りやすいカードでもある。

戦士のカード一覧

テリー(戦士)のデッキ一覧

テリーについて

CV:神谷浩史
テリーは「ドラゴンクエストVI 幻の大地」に登場するキャラクターです。主人公といっしょに旅をする仲間の一人で、青い閃光とも呼ばれている17歳の剣士で、同じ旅の仲間であるミレーユの弟でもあります。もともとガンディーノに住んでいたのですが、幼い頃に姉のミレーユが奴隷として連れて行かれ、その際に助けられなかった己の弱さを呪い、世界一の剣を求めるようになりました。力こそが正義と信じる剣士になり、一人旅の最中に何回か主人公に出会うことがあったのですが、姉のミレーユには気づくことはありません。伝説の剣を見つけるのですが、剣が錆びていたのであっさりと剣を見捨ててしまうこともあり、もともとは姉のミレーユを守るために求めたはずの強さが、いつのまにか目的が入れ替わってしまい、単に強くなりたいという望みから敵であるデュランの下僕となってしまい、主人公や姉のミレーユと対決することになります。しかし敗北してしまい、自暴自棄になったところ姉のミレーユに説得され、主人公の仲間として加わることになります。仲間になるタイミングが遅いキャラクターで、彼を成長させるのに苦労した人は多くいるでしょう。
性格は他人をあまり信じず、どこか冷めた捻くれ者ですが、本質的に純粋な性格です。主人公の仲間になった時には既に「戦士」をマスターしており、「バトルマスター」にもなっています。スーパーファミコン版では、「武闘家」をマスターしないで「バトルマスター」になっています。ニンテンドーDS版では、「戦士」や「武闘家」をマスターしており、スマートフォン版では、「魔法使い」や「僧侶」をマスターしています。主人公よりもいろいろな戦士系の重装備を行うことが可能です。もともと主人公の没キャラクターデザインを再利用したものらしく、当初ストーリー案にはないキャラクターだったそうです。
「ドラゴンクエストシリーズ」の外伝的な作品である「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」は、少年時代のテリーがさまざまなモンスターを仲間にし、戦わせるというモンスターマスターとして登場します。続編である「マルタのふしぎな鍵」にも登場しており、この外伝作品ではテリーとミレーユが姉弟であると公表されています。「鏡の扉」のイベントがあるのですが、これは「ドラゴンクエストVI」の本作のパロディで、本作を知っているとおもしろく感じるかもしれません。「ドラゴンクエストVI」のストーリーと同様に、退治したモンスターであるドランゴに好かれたり、テリー自身にそのような意思はないのですが、なぜか従えています。ニンテンドーDS版の会話コマンドでは、「ドラゴンクエストVI」でお馴染みのスライム格闘場や、ベストドレッサーコンテストにおけるモンスター限定ランクにおいて、いつもの口調よりも活き活きとしていたり、試合を楽しんで見ているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)